WEB見学もNHKダウンロード料を徴収する一瞬に関して

NHKの送信貸し賃は払っていますか。「一先ず払って来る」という人は当然いるでしょうが、最近では、「我々はウェブページ(パソコン・スマホなど)だけでTVはないから払っていない」という人も多いのではないでしょうか。恐らくはNHKは送信料金が昔より回収できなくなっている。このようなことに対応するためか、NHKがひどいことを始めようとしている。
NHKの籾井勝人会長が規則相談で、TV企画をインターネットで一時送信する確認試行を4週間にわたって実施すると発表しました。WEBアップに対する視聴希望や十人十色端末での言動体調などを調べる意向で、試行は来年度も行なう方策です。NHKは送信取り引きをしている観客の中から10000人以内でひとを客引き決める。ひとは、試行間隔内輪の朝7ときから午後11ときまで、東京で企画されているNHK収支をタブレットや端末で見ることができます。なお、コピーライトなどの関係でWEBアップが恐ろしい局は提供しないそうです。
我々は、弁護士も審判官もないですから詳しいことは言えませんが、少なくとも、端末や携帯などは企画の送信を目的としたものではないはずです。ですから、仮に請求されても払う必要はないと思います。NHKの集金ほうが「企画法で送信機材を設置したら完了しなければならないという明記されて要る。ですから、WEBに分かる端末を持っているあなたはNHKの送信貸し賃を払わなければならない」といった法令を引き出して送信貸し賃を請求してきたら、「送信を目的としたものではないから払う必要はない、状況、法令には決して書いてある」という断固ブレーキ下さい。脳に良い食べ物知っていますか?ブレインフードと言われます。詳しく解説したサイトはこちら

WEB見学もNHKダウンロード料を徴収する一瞬に関して